思春期ニキビと大人ニキビ

思春期ニキビと大人ニキビについて

ニキビには大きく分けて思春期ニキビと大人ニキビの2種類があります。
この2種類はできる原因も場所も異なりますのでケアや予防の方法も少し違います。

 

思春期ニキビはその名の通り10代の思春期と言われる時期にできるニキビです。
成長期には成長ホルモンが分泌されこの成長ホルモンが皮脂腺を刺激し皮脂の分泌も過剰になることが原因で毛穴が詰まりやすい状況になりニキビができる原因となります。
★参考:思春期ニキビのケア

 

大人ニキビとは、思春期を終えた20代前後からできるニキビのことです。
大人ニキビの場合思春期ニキビと違い原因が一つに絞れないのが特徴です。睡眠不足・不規則な食生活などの生活習慣の乱れや飲酒・喫煙・ストレス・スキンケア・ホルモンの関係など様々な要因が原因として挙げられます。

 

お肌にはターンオーバーといいお肌が生まれ変わる周期があり、約28日周期で入れ替わるのですが生活習慣の乱れやホルモンバランスの乱れなどの何らかの原因でターンオーバーのリズムが乱れてしまうと古い角質が溜まり角質層全体が厚くなり毛穴がどんどん狭く詰まりやすい状況になってしまいます。この状況が続くと大人ニキビができてしまいます。
★参考:ニキビ治療の種類と治療を受けられる所


思春期ニキビから大人ニキビに変わる時

思春期ニキビから大人ニキビに変わる10代後半〜20代前半にできるニキビはできる場所でどちらかと判断できます。
思春期ニキビの場合原因は皮脂にあるためできる場所も皮脂の分泌が多い額や鼻などのTゾーンと言われる部分から頬と広範囲に渡るのが特徴です。

 

大人ニキビの場合は顎やフェイスラインなどのUゾーンと言われる場所から首筋にかけてできます。思春期ニキビと比べると下の方にできるのが特徴です。
また、対策としては思春期ニキビは乾燥が大敵なのでお肌の皮脂量と水分量を適度に保つことが大切です。

 

大人ニキビは生活習慣の見直しと自分のお肌に合った化粧品を選びストレスをためないことが一番大切です。ニキビの種類とその原因を知ったうえで適切なケアを行いましょう。
★参考サイト

IPLフォトフェイシャルによるニキビ跡を治す方法

 

 

 

 

ニキビを作らないために気を付けていること

 

私は脂性肌かつ、敏感肌の持ち主。
ちょっとした刺激や生活の変化で、ニキビがぽつりぽつりとできてしまいます。

 

そのため、普段からこころがけていることが何点かあります。
まずはメイク時のこと。
やはりニキビが気になっている際には、ファンデーションで隠したくなってしまいますよね。しかし厚塗りこそ、悪化の原因になってしまいます。
何度もこの失敗を繰り返すうち、最適な方法を発見しました。それは、カバー力の高いファンデーションを薄く延ばす、ということ。
いくら肌に優しいファンデでも、重ねて使用すると刺激や油分過多になってしまうのです。そのため、サッと一度塗りで終わるこの方法を取り入れています。

 

そして食事にも気を使っています。
やはり油分や糖分が多い食事が続くと、皮脂も過剰に出てくる気が。ニキビになりやすいタイプは、こういう傾向にあるのでしょう。
そのため、野菜を多く摂取し、お菓子や肉類は少なくしています。糖分の多いジュース類も避けるべきだと言えるでしょう。
ただ、あまり過敏にやり過ぎるとストレスになるので、メリハリをつけることも忘れずに。毎日だらだらと食べることが、一番の悪化原因になると考えています。

 

また睡眠不足も肌荒れの原因となり、結果的にニキビへ繋がります。
毎日の生活のリズムを一定に整えていくことも大切。健やかな日々が、ニキビの無い快適肌を作ることを身を持って実感しております。
ニキビに悩んでいる方は、メイク方法や生活環境の改善に図ることをおすすめしますよ。