ニキビの原因の違い

思春期ニキビと大人ニキビは原因が違います

思春期ニキビと大人ニキビは原因が違います。
原因が違いますから、同じようなケアでは改善するのが難しくなります。思春期ニキビは皮脂の分泌が過剰なために起こります。
ですから、思春期ニキビでは、肌を清潔に保ち、肌を保湿することが大切になります。

 

大人ニキビの場合には、女性ホルモンが影響しています。
ホルモンのバランスが乱れることにより肌に影響が出てニキビも出てきます。ですから、大人の場合には、洗顔だけで改善するのは難しいです。ホルモンバランスの乱れを整える対策が必要です。ストレスを解消したり、バランスのよい食事を規則正しくとったり、睡眠をしっかりとることが大切です。

 

大人の場合、思春期のときのようなニキビケア用品で対策しようとすると逆効果になりますので注意が必要です。ホルモンバランスを整えることが大切ですから、洗顔を頑張るよりも、ホルモンバランスを整えることができるような習慣を加えるほうが効果的です。

 

肌に必要な皮脂まで取ってしまうようなスキンケアは避けましょう。保湿をしてあげることのほうが大切です。
洗顔料やクレンジングは、マイルドな洗浄力のものを選ぶほうがよいです。

 

肌のバリア機能を壊してしまうと大変です。皮脂を取りすぎると、足りない分を補おうとして皮脂分泌がかえって活発になります。
思春期ニキビと大人ニキビの原因を混同しないで、適切な対策をとることが必要です。肌を清潔に保つことは大切が、大人は洗浄力の強い洗顔料を使うよりも、肌を汚い手で触ったり、汚れたメイクスポンジやブラシを使ったりしないように注意するほうが効果的です。