ニキビの改善には洗顔

思春期ニキビも大人ニキビも改善には洗顔が大切です

ニキビを治すためには正しいスキンケアをすることが大切です。思春期ニキビと大人ニキビではそれぞれ原因も対策も違ってきますので、それぞれに合うスキンケアをすることが大切です。

 

若い世代にできる思春期ニキビはホルモンのバランスの変化による過剰な皮脂の分泌が原因とされていますので、まずは余計な皮脂を取り除くことが大切です。そのためスキンケアでは洗顔はとても大事となります。

 

ニキビ用の洗顔料は皮脂をさっぱり取り除けるのはもちろん、ニキビケアに役立つ成分が入っているかを調べておきましょう。皮脂をコントロールする機能があるか、アクネ菌の増殖を抑えてくれる石鹸を選んでおきたいものです。

 

洗ったばかりの肌は皮脂も洗い流しているので乾燥しやすく、そのまま放置しておくと足りなくなった皮脂を補おうとするためかえって多くの皮脂が出てしまうこともありますので、保湿ケアもしっかり行っておきましょう。

 

そして大人ニキビの場合は、若い頃のように皮脂をしっかり取ろうと洗いすぎるとかえって症状が悪化してしまうこともあります。
大人の場合は肌が乾燥していることが多く、洗いすぎるとかえって多くの皮脂が出て、さらにニキビが増えてしまうこともありますので、マイルドな洗浄力の洗顔フォームや石鹸で丁寧に洗っておき、その後の保湿は丁寧に行っておきましょう。

 

大人ニキビの場合はターンオーバーの機能が衰えるので、古い角質が肌表面にたまっていることがありますが、ピーリング効果のある石鹸を使うと穏やかに古い角質を剥がしてくれますので、こちらもニキビの改善に役立ってくれるものです。