思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビの違いについて調べてみよう

ニキビには思春期ニキビといわれる症状と大人ニキビといわれる症状があります。

 

そしてそれぞれ対策方法は違ってきますので、それぞれの症状の違いについてよく理解しておきましょう。

 

まず、若い世代にできる思春期ニキビは10代に起こりやすい症状で、ニキビができやすくなるのは成長期に皮脂の分泌が過剰になることが原因とされています。
体が成長するための成長ホルモンが皮脂腺を刺激して、それゆえに多くの皮脂が出ることとなり、毛穴も詰まりやすくなりますし、アクネ菌も発生しやすくなります。
そして成長しホルモンのバランスが整ってくるとこういった症状も改善されるとされています。

 

そして大人ニキビの場合はその原因をひとつに絞ることは難しくなっています。
仕事や人間関係などのストレスが原因していることもありますし、飲酒や喫煙などの生活習慣が原因することもあります。
さらに大人の女性に多い便秘が肌を荒らしてしまうこともありますし、食事の乱れや睡眠不足も影響が出やすいものです。
そのほかでは、肌のターンオーバーの機能が落ちてしまうこともニキビの原因になることがあります。

 

さらに合わない化粧品が原因であったり、疲れたときなどにメイクを落とさずに寝てしまうということも原因することがあります。
そして、大人の場合は肌が乾燥していることも多いのですが、皮脂を取り除こうとして、顔を洗いすぎて、さらに乾燥が進み、皮脂をより多く出してしまい、それがニキビを悪化させることもあります。

 

大人と思春期ではニキビ対策方法も違ってきますので、それぞれに合った方法で改善していきましょう。